Vtuberの王者「キズナアイ」に起きた悲劇。

こんにちは!今回はVtuberが流行るきっかけとなったキズナアイさんの人気が下がってしまった理由や、ファンからの批判の声も上がっている理由を解説していきたいと思います!

キズナアイについて

キズナアイさんについてどんな人なのかちょっと紹介します。

3DによるキャラクターアニメーションでYoutubeに投稿し、

Youtubeチャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用していて、両チャンネル合わせた登録者数は2019年4月現在のべ380万人を超え、総視聴回数は3億回を超えている。最も注目されているVtuberです。

そして、テレビ放送でも、国内美人Youtuberランキングで一位に!(笑)

これは、人類を超えてしまうあたりがすごいですね(笑)

比較対象が違うかなって気もしますが、それにしてもそれくらい

世間で人気のあるVtuberとして社会現象を起こしています。

キズナアイに何が起きたの?

2019年5月にキズナアイさんから重大な発表がありました。

それはなんと、、、、

そうなんです、分裂してしまったんです。しかも4人に。。。(笑)

この発表により、何が起こるかと言うと

初代「キズナアイ」の動画の投稿数が激減します。これによりファンは「他の声ではキズナアイではない」、「初代の声が聞きたい」、「分裂しないでくれ」といった批判の声が多く炎上しています。

ファンの不穏感に対してActive8から声明文を発表

4人体制で活動することになり、初代「キズナアイ」の動画投稿数が減って

ファンからの不信の声がさまよっていた中、8月16日にキズナアイさんを運営する会社のActiv8株式会社はbilibiliにて「Kizuna AIファンのみなさんへ」と声明文が発表されました。

Activ8株式会社による声明文/画像はbilibiliアカウントより

声明文については、「キズナアイにおける『分人』という考え」と、「初期ボイスモデル(1号)の動画投稿頻度が下がった理由」の2つについて説明しています。

同社は、「自分というものは他人によって引き出される存在。本当の自分は存在せず、『子供と接しているときの自分』も、『かしこまっているときの自分』も全てが『自分』であるという考え方が『分人』だ」と概念を説明しています。

その上で、「『中国の人たちと自分の言葉で話したい』と思った分人が、中国語を話せる4人目のキズナアイなのかもしれない」としています。

最初に活動しているキズナアイさんについても、休止することはないとも発表されました。

なぜ?初代「キズナアイ」の動画投稿数が減っていた?

なぜ、初代「キズナアイ」が動画投稿が減っていたのかについても、

16日に生配信をし、8日の「SUMMER SONIC 2019」への出演のため、

投稿頻度が減っていたと理由を説明し、ファンの皆様に謝罪をしていました。

Active8株式会社の失敗

今回、キズナアイさんが分裂した件に対して、急な発表や、準備不足、分裂の主な理由を事前に話さなかった。

そして今回の件も中国に対しての発表がメインであり、日本に向けた発表ではなかった。といった理由から炎上という形で話題になり、

様々なファンの不信感や否定的な声が多くなってしまった原因だと考えられます。

今後の、キズナアイさんの活動

今後は4人体制で活動していく形になります。賛否両論あると思いますが、

中の人が変わる時というのは、どうしても様々な意見が飛び交います。

「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」の声優が変わった時もそのキャラの

イメージというものが変わってしまうこともあります。今回の件に関しての

個人的な意見は何より「引退」や初代さんが「登場しなくなってしまう」のではないか?という不安感が取り除けたので良かったと感じています。

今後の4人体制の「キズナアイ」の活動に関してどういった方向性でいくのか

とても楽しみです。ご閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です