鬼舞辻無惨が女装していた理由や子供についてなど【鬼滅の刃】

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

今回は鬼滅の刃に登場する鬼舞辻無惨についていくつか気になったポイントについてまとめてみました!
最終話で女装していた理由や浅草で連れていた子供について書いてます!

アニメの最終話で鬼舞辻無惨が女装していた理由は?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

女装していたことについて特に深い理由は明かされていません

鬼舞辻無惨は普段、姿を変えて人間の世界に紛れているためあの時はそんな深い意味はなく、ただ単に女性の姿で過ごしていただけみたいですね。

ネットでは炭次郎に姿を見られてしまったから身を隠すために女装していたとか言われていますね。

やっぱり緑壱と同じ耳飾りをしている炭次郎がよっぽど怖かったのかな?

鬼舞辻無惨が禰豆子を狙う理由は?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

鬼舞辻無惨の目的は太陽光の克服です。

鬼舞辻無惨は太陽を克服した鬼である禰豆子を取り込むことで自分も克服できると考えており、そのため禰豆子を狙うようになりました。

1000年以上も太陽光の克服を目指してたようやく見つけた糸口だから絶対逃したくないんだろうね

ここで禰豆子を逃したら次いつチャンスが現れるかわからないですもんね……

鬼舞辻無惨が浅草で連れていた子供は誰の子供?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

浅草で無惨が連れていた子供はその時一緒にいた女性の前の旦那の子供です、鬼舞辻無惨との血のつながりはありません。

一緒にいた女性が資産家であったため、鬼舞辻無惨はその女性の人脈欲しさに夫を殺し新しい夫になり替わったようです。

全てはきっと青い彼岸花を見つけるための行動なんでしょうね。

太陽克服への執着心が凄いね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です