鬼滅の刃の上弦の参、猗窩座(あかざ)とは?過去や最後について

鬼滅の刃で初めて登場した上弦の鬼である猗窩座

今回はそんな猗窩座の過去や最後にについてまとめていきたいと思います。

※ネタバレを含みます。

猗窩座とは?人間の時の名前は?【鬼滅の刃】

猗窩座は十二鬼月の上弦の参で全身に入れ墨のような模様の入った若い男の姿をした鬼です。

18歳の時に鬼になっており、人間の時の名前は狛治(はくじ)

強くなることに固執していて、最高の武である至高の領域を目指し数百年間鍛錬と戦闘を繰り返している。

戦闘スタイルは肉弾戦のみで飛び道具や武器などは一切使わない、血鬼術も特殊なものは相手の闘気を感知するぐらいで基本的に殴るか蹴るかのどちらか。

鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられる。

最初に出てきたときは上弦というわりには子供みたいで弱そうって印象だったけど元々18歳だったんだね。

見た目は若いですが十二鬼月の初期メンバーなので鬼の中ではかなり高齢のはずですけどね 。

猗窩座の過去、何故鬼になったの? 【鬼滅の刃】

鬼達ってだいたい皆悲しいエピソードを持っているけど猗窩座が鬼になったのは何でなの?

よくぞ聞いてくれました!
実は猗窩座は鬼の中でもかなりつらい過去を持っているんですよ。

病気の父

人間だった頃の猗窩座には病気の父がおり、その父に薬や少しでも栄養のあるものを食べさるためにスリなどの犯罪行為を繰り返します。

しかし何度も捕まってしまい父親は自分の為に犯罪を犯す息子を見るのが耐えられず「迷惑をかけてすまなかった、まっとうに生きろ」と遺書を残し首を吊ってしまいます。

人間だった頃は江戸の犯罪者の証として腕に入れ墨が入っていたんですよ。

鬼になってもその証が入ったまんまなんだね。

慶蔵素流の道場

父親の死後、犯罪を繰り返していた猗窩座は江戸から追い出され、流れ着いた別の町で喧嘩をしているところに慶蔵という男と出会います。

慶蔵は猗窩座の戦いっぷりを気に入って自分の道場の門下生として猗窩座を勧誘しました。

道場に来た猗窩座は慶蔵の娘である小雪の看病を任され、病気の恋雪の姿と父親を重ねてしまい看病をすることを受け入れます。

そして恋雪の看病と毎日の稽古によって父親が死んで荒んでいた猗窩座の心は落ち着きを取り戻していきます。

恋雪の病気も治っていき普通に歩けるまでに回復したんですよ。

幸せそうだな……
なんでここから鬼になってしまったんだ……

道場に来てから三年後

看病を受けている内に恋雪は猗窩座に対して恋心を抱き告白します。

そして恋雪の父の慶蔵もそのことを知り、猗窩座にこの道場を継いでほしいとお願いしました。

猗窩座はこれが父の言った「真っ当に生きる」ということなのかなと感じ二人を命に代えても守りたいと思い話を受け入れます。

しかし猗窩座が父への報告を兼ねて墓参りに行っている間に、二人は何者かによって毒殺されてしまいます。

猗窩座は怒り、この道場のことを良く思っていなかった近隣の道場の誰かの仕業だろうと考えて近隣の道場の67人を素手で殺害してしまいます。

この事件の直後に鬼舞辻無惨と出会った猗窩座は「もう、すべてがどうでも良い」といって鬼になることを受け入れてしまいました。

やっと真っ当に生きれると思ったところからの絶望で今度は鬼にさせられてしまう、猗窩座凄く可哀そうだな……

猗窩座は誰かの為にずっと頑張ってきたのに一度も報われなかったですね……
鬼になってしまうのも仕方ないって感じがします。

猗窩座の最後は? 【鬼滅の刃】

猗窩座とは無限城という空間で富岡義勇と炭治郎の二人で戦います。

二人がかりでも実力が拮抗していてお互いに傷をつけ合うのですが鬼である猗窩座は直ぐに回復してしまい、どんどんと差が付けれジリ貧になります。

追い詰められた炭治郎は過去の猗窩座の発言や父のことを思い出し「透き通る世界」という境地に入ります。

これはずっと猗窩座が目指してたどり着くことのできなかった至高の領域でまさに無我の境地でした。

この状態の炭次郎からは殺気も闘気も感じず血鬼術による攻撃の予測ができませんでした。

そのため猗窩座は炭治郎の攻撃をよけることが出来ず首を切られます。

しかしここで負けるわけにはいかないという思い、自分はもっと強くならなければならないという思いによって猗窩座自身もさらなる高みへ、首を切られても死なない鬼舞辻無惨と同様の境地にたどり着きます。

それと同時に自分がなぜ強くならなければならないのか、父や慶蔵、恋雪のことを思い出してしまい、最後は自分自身を攻撃してボロボロになり再生することをやめて自ら死んでいきました。

まとめ

猗窩座は過去を知ってからその姿を見ると悲しくなってきますね。

  • 技を出すときに出る陣が恋雪が付けていたかんざしと同じ模様
  • 技名のほとんどが花火の名前(花火を見ながら恋雪を一生守ると約束した。)
  • 罪人の証の入れ墨が鬼になってから体中に出てきている。
  • 強さへの執着は恋雪との約束を守るため、父親へ薬を届けるためのもの

記憶が無いのに猗窩座は姿とか行動が過去に囚われすぎていて見ていて悲しくなるね。

それでも最後は炭次郎に感謝して笑顔で死んでいって、とても立派でした。

鬼滅の刃の上弦の参、猗窩座(あかざ)とは?過去や最後について” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です