映画鬼滅の刃に登場する煉獄杏寿郎とは?強さや趣味など

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

今回は映画鬼滅の刃にメインキャラとして登場する煉獄杏寿郎についてまとめていきたいと思います。
煉獄杏寿郎の基本的なプロフィールや強さについて書いていきますよ!

煉獄杏寿郎とは?

煉獄杏寿郎とは鬼殺隊の最高位の階級であるに所属する一人です。

代々途絶えることなく炎柱を輩出してきた名門である煉獄家の長男で非常に面倒見がよく鬼殺隊の中では兄貴分のような立ち位置です。

煉獄杏寿郎のプロフィール

  • 階級:炎柱
  • 誕生日:5月10日(20歳)
  • 身長:177cm
  • 体重:72kg

煉獄杏寿郎の好きな食べもの

煉獄杏寿郎の好きなものはさつまいもの味噌汁です。

サツマイモ自体が好きで食べるときにわっしょいわっしょい言いながら食べます。

煉獄杏寿郎の趣味

歌舞伎相撲観戦などが趣味です。

昔ながらの日本らしい文化が好きなようですね。

煉獄杏寿郎の強さ

煉獄杏寿郎は今までに何人もの柱を葬ってきた上弦の参である猗窩座の首をたった一人で切る直前まで追い込んでいます。

上弦の鬼は柱数人がかりで戦ってやっと戦えるレベルと言われており、上弦の鬼の中でも上位に位置する猗窩座を一人で追い込むのは相当な実力であると考えられます。

おそらく歴代の柱の中でもかなり上位の強さであったと考えられます。

もし猗窩座と戦った時に他に柱レベルの味方が居ればそのまま倒せていたかもしれませんね。

あの場でいきなり上弦の参を倒せてたらって考えたら凄いことだったよね

煉獄杏寿郎にの継子は恋柱?

現恋柱である甘露寺蜜璃は元々は煉獄杏寿郎の継子でした、しかし甘露寺蜜璃の動きがあまりにも独創的過ぎたため煉獄は継子として教えることを断念したようです。

そして煉獄の指導が厳しすぎるため継子は皆逃げ出してしまい現在は継子がいません。

だから列車であんなに炭治郎達を継子に勧誘してたのか……

指導が厳しいと言われてますけど、後にある柱稽古の感じをみたら指導が厳しいのは煉獄さんに限った話では無さそうですけどね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です