日本中が泣いたアニメ話題再び!『あの日みた花の名前をまだ僕たちは知らない。』

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』日本中が泣いたアニメ!あらすじ

宿海仁太本間芽衣子安城鳴子松雪集鶴見知利子久川鉄道の6人は、小学校時代に互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死んでしまい、幼馴染の死にそれぞれの後悔を抱える5人の高校生が、そのうちの1人、じんたんの前に幼馴染の霊が本間芽衣子(めんま)が現れ、めんまのお願いを叶えるために失った絆を取り戻していく物語です!略称は「あの花」、

あの花は2011年4月に放送され、2013年に映画化そして2015年にドラマ化しています。

あの花を見れる動画配信サービス

あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。が見れるのはFODとdアニメストアで見ることができます。

※上記の画像をクリック後、ホームページにいけます。

※dアニメストア⇨月400円(税抜き)FOD月888円(税抜き)

あの花」再び話題の理由!

あの花人気再浮上の理由として、パチンコとスロットによる影響が高いです。2019年8月5日にスロットが7000台、パチンコが12000台導入されました。パチンコとスロットが同時に同じ作品が出るのはとても珍しいです。あの花を知らなかったパチンコやスロットを打つ方が気になってレンタルしたりあの花を見たく動画配信サービスに登録する人も続出しているでしょう。

あの日みた花の名前を僕はまだ知らない。なぜ泣けるアニメと呼ばれるのか?

誰でもあの時やり直したい、過去に後悔している、そんな共感性の高いアニメで本間芽衣子(めんま)の死によって6人の中に溝ができ、それぞれがめんまに対する思いを抱えながら間違えて間違えてつらく、悲しく、間違った道へ進んでも共感できてしまう現実さ、そして人間味があり、まためんまが再び現れたきっかけによって6人が昔の頃のように集まり気持ちをぶつけ合ったり、めんまのお願いを叶えるために協力する。こういった理由から悲しく、共感し、感動する理由なのではないでしょうか

あの花」を見た個人的な感想

私が「あの日みた花の名前を僕達は知らない。」をみて個人的に感じたのは

小学生の頃にあった素直さ、それが高校生になってあの時のように素直になれないもどかしさ、

めんまが死んでしまった事によるメンバーの後悔や不満が人間味があり色褪せないアニメです!

また、夏に見る事で夏休みの青春を味わえ、幼い頃に純粋で毎日がただ楽しかった思い出や何も考えずに遊んでた日々、そんな忘れかけているこころを取り戻させてくれるようなそんなアニメです。

「超平和バスターズ」なんて愛らしいグループ名なんでしょうか(笑)

そしてめんまがとても可愛いです。(笑)癒されます(笑)

きっと涙を流すでしょう!

ぜひ、一度興味を持たれた方、めんまのお願いがどんなお願いなのか?ぜひ、気になった方は見てみてはどうでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です