日の呼吸の剣士緑壱(よりいち)とは?黒死牟との関係性は?

緑壱
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

今回は日の呼吸の剣士である緑壱についてまとめていきたいと思います!
非常に風貌の似た鬼である上弦の壱の黒死牟との関係や過去について書いていきます!

緑壱とは?

緑壱とは戦国時代の剣士で、すべての呼吸法の原点となる日の呼吸を生み出した男です。

世の中の理から外れていると称され生まれつき痣を持ち「透き通る世界」を会得していました。

そして最強の鬼である鬼舞辻無惨や黒死牟ですら生きている内は傷一つ付けることができなかったほどの力を持っています。

まさに作中最強の剣士と言えるでしょう。

緑壱の過去、上弦の壱 黒死牟との関係は?

縁壱は黒死牟の双子の弟です。

継国という武家の家に生まれ、長男である黒死牟は跡継ぎとして大事に育てられていたのに対し、縁壱は三畳程度の小さな部屋で暮らし食べ物や教育にも大きく差があったようです。

それを可哀そうに思っていた黒死牟は時々、父の目を盗んで緑壱の部屋に遊びに行っており笛を作ってプレゼントしたこともありました。

緑壱は兄の黒死牟を本当に尊敬しており慕っていたようですね。

緑壱 笛
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

緑壱が継国家を出たきっかけ

本来跡継ぎは長男の黒死牟、そして次男である緑壱は10歳になったときに寺に出家させられる予定でした。

しかしあるとき継国家の配下の男が緑壱に戯れで剣を持たせてみたところ緑壱は恐るべき才能を発揮し男に剣を打ち込んで男を失神させしまったのです。

それを知った二人の父は剣の才能を持つ緑壱を跡継ぎにしようと考えたのですが、緑壱は兄の事を気遣って継国家を出て消息を絶ちました。

緑壱の最後

緑壱 最後
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

緑壱は80を過ぎた時に鬼となった兄、黒死牟と再会し戦います。

しかし緑壱は80を超えても全盛期と変わらぬ速さと威力の一撃を繰り出し黒死牟に敗北を覚悟させたのですが、とどめを刺すことなく老衰で死んでしまいました。

恐らく生涯誰にも敗れることなく幕を閉じた最強の剣士ですね。

死んだ後に黒死牟に切られて笛が出てくるの少し悲しいですよね。

ずっと緑壱の事を妬んでいた黒死牟とは対照的に緑壱は最後まで兄の事を慕っていて笛を肌身離さず持ってたんだね。

緑壱 とどめ 黒死牟
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

緑壱零式とは何?

刀鍛冶の里にいた小鉄の祖先が300年以上前の戦国時代に縁壱の動きを再現しようとして作ったからくり人形です。

108の動きができ人間を凌駕する力を持っているため戦闘訓練に利用されていたようです。

腕が2本では縁壱の動きを再現できなかったため腕が6本ついてます。

腕が6本あっても時透君に壊されていますから、結局緑壱さんの動きは再現出来て無さそうですね。

まあもし再現できるなら、からくり人形で鬼を殲滅できちゃうしね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です