十二鬼月とは?上弦と下弦の違いやメンバーの一覧など【鬼滅の刃】

今回は鬼滅の刃に登場する十二鬼月について解説していきますよ!

アニメで出てきてたけど、全貌が全然見えてなかったから助かる!

十二鬼月とは鬼の始祖である舞辻の側近で特に強力な力を持った12体の鬼のことである。

十二鬼月は上弦の鬼6人下弦の鬼6人という風に分かれていいて下弦の鬼には片目に「下」という文字と数が刻まれている。

そして上弦の鬼には片方の目に「上弦」もう片方の目には数が刻まれているため見るだけで判別することができる。

この目に刻まれた数字が若いほど強い鬼なんですよ!

わかりやすくて良いね!

そうですね!
ちなみにこの十二鬼月は下弦と上弦ではものすごい格差があるんですよ。

下弦の鬼は柱に一瞬で倒されるレベルだが上弦の鬼は柱一人で勝つのはとても困難な強さである。

上弦で一番弱い堕姫・妓夫太郎にすら柱が22人も倒されている。

柱が22人も……
上弦の鬼ってそんなに強いのか……

そうなんです、逆に下弦の鬼は実は大したことなくて無限城という城に下弦の鬼と同等の力を持った鬼がモブキャラのように出てくるんですよ!

ええ!?
下弦の鬼の立場っていったい……

十二鬼月の下弦の鬼一覧

今度は下弦の鬼一人一人の特徴について紹介していきます!
とはいってもほとんどが出てきてすぐ鬼舞辻に処分されてしまっていて特徴とか不明な鬼ばかりですけどね!

下弦の鬼って本当に不遇だね……

下弦の陸 釜鵺(かまぬえ)

登場後すぐに鬼舞辻に処分された鬼。

同じ下弦の鬼である累が柱にやられたことに腹を立てた鬼舞辻が下弦の鬼を集めて叱責したのだが、その際に心の読める鬼舞辻の前で「そんなこと俺たちに言われても」と考えてしまい鬼舞辻の堪にさわり処分される

下弦の伍 累(るい)

家族の絆に強い憧れを持つ鬼で自分より弱い鬼に親や兄弟の役をやらせて山の中で家族を形成して暮らしていた。

血鬼術で蜘蛛の糸ようなものを作り出し攻撃する。

並みの隊士ではこの糸を切ることが出来ず切り刻まれてバラバラにされてしまう。 

下弦の肆 零余子(むかご)

登場後すぐに鬼舞辻に処分された鬼

柱と出会った際にいつも逃亡しようとしていることを鬼舞辻から問われ、それを否定するもその否定が鬼舞辻の堪にさわり処分される。

下弦の参 病葉(わくらば)

登場後すぐに鬼舞辻に処分された鬼

同じ下弦の鬼が目の前で処分されるのを見て鬼舞辻から逃げ出すが逃げきれずに処分される。

下弦の弐 轆轤(ろくろ)

登場後すぐに鬼舞辻に処分された鬼

他の鬼たちが処分されるのを見て、血さえ頂ければ自分はまだ役に立てると主張するも、鬼舞辻に「何故私がお前の指図で血を与えねばならんのだ」と言われ処分される。

下弦の壱 魘夢(えんむ)

血鬼術で相手を眠らせて戦う鬼、油断していればその血鬼術で柱すら眠らせることが可能であった。

良い夢を見せてから悪夢を見せるのが好きで他人の絶望を見ることが好き。

他の下弦の鬼が目の前で鬼舞辻に処分をされているのですら見ていて楽しんでいた。それが鬼舞辻に気に入られ下弦の中で唯一生かされた。

十二鬼月上弦の鬼一覧

次は上弦の鬼達です!

みんな強そうだな……

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)

吉原を根城にしている奇麗な姿をした妹と醜い姿の兄の兄弟。

普段は堕姫が花魁として活動しており、堕姫では手に負えない相手と戦闘になった際に妓夫太郎が堕姫の中から出てきて戦う。

兄弟同時に首を切らないと死なないためとても厄介で今までに合計22人の柱が二人にやられている。

上弦の伍 玉壺(ぎょっこ)

本来目のある個所に口があり額と口に目が付いている異形の形をした鬼

壺を伝って瞬間移動することができ、血鬼術で魚のような化け物を生み出すことが出来る。

自信を芸術家と称しており、人の死体を使っておぞましい作品を作る。

上弦の肆 半天狗(はんてんぐ)

老人のような姿をした鬼

追い詰められると分裂し追い詰められるほどに強い分身を生み出す。

分裂した末端もさらに分裂するがこちらは分裂するたびに戦闘力が落ちていく。

分裂した鬼はそれぞれが雷や風を扱うなど様々な能力を持っているが本体は弱く逃げたり隠れたりすることしかしない。

上弦の参 猗窩座(あかざ)

全身に入れ墨の入った若い男の姿をした鬼である。

最高の武である至高の領域を目指し、百年以上の時を鍛錬と戦闘に費やしている。

戦闘スタイルは素手による攻撃のみで、相手の闘気を感知して相手の隙や攻撃を見極めることが出来る。

上弦の弐 童磨(どうま)

常に笑顔で何事にも楽観的な鬼、金髪の長い髪をしているが頭頂部のみが赤色で頭から血を被ったような見た目と評されている。

戦闘時は霧状の氷をばら撒き、吸い込んだもの肺を凍らせてしまうため呼吸で戦う鬼殺隊にとってはかなりの強敵である。

さらに自身と同等の技を出せる氷の人形を複数体簡単に作ることが出来るためまともに戦って倒すことはかなり困難と言える。

上弦の壱 黒死牟(こくしぼう)

3対の目を持ち侍のような風貌をした鬼

鬼の始祖である鬼舞辻無惨ですら部下としてでは無くビジネスパートナーとして見ている。

鬼殺隊の隊士と同じく呼吸法をマスターしており月の呼吸という呼吸法を用いて戦う

すべての呼吸法の原点となる始まりの呼吸の剣士であり柱である時透無一郎の祖先である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です