上弦の肆半天狗とは?過去や不死川玄弥との関係【鬼滅の刃】

半天狗
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

今回は鬼滅の刃に登場する半天狗についてまとめていきたいと思います!
半天狗の過去や不死川玄弥の相棒と呼ばれている理由について書いていきますよ!

鬼滅の刃に登場する半天狗とは?

半天狗とは十二鬼月の一人で位は上弦の肆、老人のような風貌をした鬼です。

気配をごまかすのが非常に上手く柱の時透無一郎でさえ黙視できる距離にくるまで鬼であると気づけませんでした。

半天狗の強さ

半天狗の本体はネズミ程度の大きさしかなく逃げ回るだけで力はほとんど持っていません。

しかし追い込まれるたびに分裂していき、分裂した鬼はそれぞれが固有の血気術や特徴を持っています。

しかも分身はほぼ不死身で首を切られるたびに分裂していくため非常に厄介と言えるでしょう。

不死身の分身を相手にしながらすばしっこい本体を倒さないといけないのがかなり厄介だね。

1対1じゃ完全に勝つのが難しいタイプの鬼ですね。

半天狗の分身達

恨の鬼

半天狗 恨の鬼
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

本体が追い込まれたときに出てくる鬼で本体が巨大化したような姿をしているため相手に本体だと錯覚させる。本体では無いので首を切っても死なない。

可楽(からく)

半天狗 可楽
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

突風を放つ団扇を持つ鬼、柱の時透無一郎をはるか遠くに吹き飛ばし戦線から離脱させるほどの威力を持つ。

積怒(せきど)

半天狗 積怒
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

雷を放つ錫杖を扱う鬼、錫杖を手放しても雷を出し続けることが可能で禰豆子に雷を放ったまま錫杖を突き刺して動きを封じた。

空喜(うろぎ)

半天狗 空喜
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

羽の生えた鬼、高速で飛行することができ空から超音波での攻撃を行う。

哀絶(あいぜつ)

半天狗 哀絶
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

十文字槍を持った体術に優れた鬼

憎珀天(ぞうはくてん)

半天狗 ぞうはくてん 憎珀天
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

積怒が可楽、空喜、哀絶を吸収した姿、他の三体の能力に加え木の竜を生み出し操る力を持っている。

柱の甘露寺蜜璃を追い詰めるほど強い上に不死身

不死川玄弥の相棒は半天狗?

不死川玄弥は特異体質で特殊な消化器官を持っているため、鬼を食べることで鬼の能力を得ることが出来ます。

その能力を使い半天狗の木の竜を食べたことで、しばらく後に玄弥が半天狗の血気術に似たものを使うシーンがあります。

そのためネット上では玄弥と半天狗がコンビのような扱いをされておりコラ画像や半天狗のセリフが捏造されて出回ってます。

半天狗の過去、鬼になったきっかけ

半天狗は人間の頃は盲目のふりをして、盗みや殺人などを繰り返していました。

しかしあるときにその殺人や盗みが奉行所にバレてしまい奉行所に突き出されます。

そして盲目のふりをしているのもお奉行様にバレてしまい同情の余地なしとして打ち首となるのですがその時に、鬼舞辻無惨と出会い助けられたことで鬼となります。

半天狗、普通に鬼舞辻無惨の嫌いそうなタイプなのに何で助けられたんだろうね……

人間の頃に強かったとかいうわけでもないですし、謎ですよね……

鬼滅の刃のアニメを見直すなら

うーん、この記事読んでたらまた鬼滅の刃のアニメ見たくなってきちゃったよ。

じゃあ、そんな先輩にお勧めの記事を紹介しますね!

これはうちの学校の校長が書いた記事か……

そうです!
鬼滅の刃のアニメを見るのにお勧めの方法が書いてあるので凄く参考になりますよ!

なるほどね、じゃあちょっと読んでみるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です