上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)とは?黒死牟が鬼となった理由

黒死牟
鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

今回は鬼滅の刃に登場する黒死牟についてまとめていきたいと思います。
黒死牟が鬼になった理由などについて書いていきます!

※ネタバレ注意

黒死牟とは?

黒死牟とは十二鬼月の一人で位は上弦の壱、3対の目を持ち侍のような風貌をした鬼です。

鬼殺隊と同じく呼吸法をマスターしており月の呼吸を用いて戦う剣士です。

黒死牟の本名

黒死牟の人間だった頃の名前は継国巖勝(つぎくにみちかつ)です。

戦国時代の武家の長男で幼い頃から剣術の指導を受けており世界一の剣士になることを夢見ていたようです。

鬼舞辻無惨から黒死牟に対する評価は?

公式ファンブックにはビジネスパートナーと記載があり、鬼の中で唯一鬼舞辻から部下では無く対等に近い存在として扱われているようです。

しかし黒死牟は鬼舞辻無惨のことを「あのお方」や「無惨様」と呼んでおり、上下関係はしっかりとあるようです。

黒死牟は武家出身なこともあって序列をしっかりと重んじるタイプのようですね。

黒死牟と日の呼吸の関わりは?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

黒死牟は日の呼吸を生み出し鬼舞辻無惨ですら歯が立たなかった最強の剣士である縁壱の双子の兄です。

縁壱の使う日の呼吸をマスターしようとして鍛錬し身に着けたのが日の呼吸の派生である月の呼吸です。

黒死牟はどれだけ鍛錬をしても日の呼吸を身に着けることはできなかったようです。

黒死牟が鬼となった理由は?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社

黒死牟が鬼になった理由は弟への劣等感が原因です。

黒死牟と弟である縁壱には剣士として圧倒的な差があり、黒死牟はどれだけ鍛錬を重ねれば弟に追いつけるのかと苦悩していました。

そんな中で、さらに追い打ちをかけるように周りの痣が発現していた剣士達がバタバタと倒れていったのです。

黒死牟にもこの痣があり、自分には鍛錬を重ねる時間すら残されていないことを知って絶望してました。

そんなときに鬼舞辻無惨から「ならば鬼になれば良いでは無いか」と持ち掛けられ、それに対して黒死牟は自分の欲していた道が開かれたと快諾してしまったのです。

黒死牟が鬼になった理由は弟に追いつきたかったからなんだね……

鬼になることで無限に鍛錬を積み弟を超えることが出来ると思ったようですね……

黒死牟の名前の、由来は?

黒死牟の名前の由来は恐らく黒死病(ペスト)です。

黒死病は感染すると黒い斑点が出現し死亡します、黒死牟に発現している痣が似たような性質を持っていることから黒死牟と名付けられたのでしょう。

あの痣も一人現れると感染したかのように続々と他の人にも発現するって言ってたもんね。

ですね。
ちょっとだけ症状が黒死病に似ていますね。

上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)とは?黒死牟が鬼となった理由” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です