チェーンソーマン1巻を読んでみた感想、あらすじ

チェーンソーマン © 藤本タツキ/集英社

今回は次に来る漫画大賞2019で第2位となった漫画チェンソーマンを読んでみたので、そのあらすじや感想について書いていきたいと思います!

チェーンソーマンとは?どんなストーリーなの

チェーンソーマンは週刊少年ジャンプで連載されている作品でデビルハンターのデンジと言う少年と悪魔との戦いを描いた漫画です。

登場する主要キャラの紹介をしながらどんなストーリなのかを紹介していきたいと思います!

チェーンソーマンの主人公デンジ

チェーンソーマン © 藤本タツキ/集英社

チェーンソーマンの主人公はデンジと言う青年です。

デンジには親の残した借金があり、その借金を返すために雇われデビルハンターをして借金を返していました。

貧乏な生活をしており、食パンにジャムを塗って食べるそんな普通の生活に憧れている少年でした。

相棒のポチタ

ポチタはデンジの相棒です。

チェーンソーマン © 藤本タツキ/集英社

犬のような見た目をしたチェーンソーの悪魔でデンジが少年だった頃に出会いました。

出会った時にポチタはお腹にけがをしており、デンジは自分の血を与えることでポチタを助けたのです。

チェーンソーマンとなるきっかけ

デンジとポチタが出会ってから二人は数年間一緒に小さなコンテナのような家で生活していました、しかしあるときデンジは悪魔に操られた人に心臓を刺されて死んでしまうのです。

そしてそれを見たポチタは自身の心臓をデンジにあげることでデンジの命を救ったのです。

それにより悪魔の心臓を手に入れたデンジは傷が治り、さらに頭からチェーンソーが生えた悪魔のような姿に変身する力を得たという訳です。

公安のデビルハンターとなる

チェーンソーマン © 藤本タツキ/集英社

デンジは人間を操って自分を殺した悪魔を倒した後に公安のデビルハンターであるマキマという女性に悪魔になった姿を見られてしまいます。

そしてデンジはマキマに「悪魔として殺されるか、人として飼われるか」という選択をせまられて公安のデビルハンターとなります。

そこからデンジの公安のデビルハンターとして本格的に悪魔との戦いが始まっていくようになったのです。

チェーンソーマンの感想

チェーンソーマンは読んでみてポチタと言う悪魔との関わりがストーリーに深く影響していてとても良い作品だと感じました。

デンジが入った公安のデビルハンターに所属する人たちは皆、悪魔に家族を奪われたりしていて悪魔に対して恨みを持っている人たちばかりです。

それに対してデンジはポチタと言う悪魔の友達がいて命を救わたということもあり悪魔すべてに対して悪い感情をそこまで持っていません。

そのせいで同僚や先輩たちとの確執が生まれたり、かわいそうな悪魔に何度も騙されてしまうのですがデンジは全く意見を変える様子は無い感じです。

そんな感じで戦闘だけでなく、いろんな人の人間性や人間関係も見ていて面白い作品ですね。

チェーンソーマンは読んでみておもしろいかったけど、結構グロテスクな描写や性的な表現が多いからあんまり少年誌向けの作品じゃない気がするね……

ジャンプでも後半のページに載っていることが多いのでアンケートの結果もあまりよくないのかもしれないですね。
少年向けじゃなくて、ちょっと大人向けの漫画って感じがしますね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です