【鬼滅の刃】蛇柱伊黒小芭内に関する3つの説、実は鬼なのかも?

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社/ufotabel

今回は伊黒さんの正体にまつわる3つの説をご紹介していきたいと思います!

三つも説があるのか多いな……

伊黒小芭内とは

伊黒小芭内は蛇柱と呼ばれており鬼殺隊の中で最高位の階級である柱の一人です。

原作での出番が少なく戦闘描写もほとんどないためかなり謎の多い人物です。

謎が多いからこそいろいろ考察されてて、いろんな説が出回ってるようですね。

伊黒小芭内、実は女説

伊黒小芭内は一部の鬼滅の刃ファンの中で実は女なんじゃないかと言う説が上がっています。

しかしこれはほとんど根拠などははなく、そうだったら良いなという願望のようなものみたいですね。

実際の所アニメでは声優を鈴村健一さんという方が担当しており、声質的に女性説は無い気がします。

鈴村健一さんは有名どころだと銀魂の沖田総悟役を演じていますね。

確かにちょっとだけ中性的な声ではあるかもしれないけど流石に男性の声って感じがするね

伊黒小芭内、鬼と人間のハーフ説

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社/ufotabel

続いては伊黒小芭内が実は人間と鬼のハーフなのではないかという説です。

この説は伊黒小芭内の目の書き方や口元を隠していることから言われるようになった説です。

伊黒小芭内の目はオッドアイで左右の目の色が違いますよね、この目をよく見てみると右目が鬼の目と同じような書き方をされているんです。

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社/ufotabel

そしてさらに鬼の特徴として鬼には皆牙があるのですが、伊黒小芭内は頑なに口元を出していません。

扉絵で甘露寺との食事シーンもありましたが、それでも口元の包帯はつけたままでした。

そこから伊黒小芭内は鬼の特徴でもある牙を見せないようにしているのかもしれないと言われるようになってこの説が生まれたようです。

しかも伊黒さんの出身地が八丈島なんですがこの島、鬼の伝説で有名な島なんですよね……

そうなんだ……
この説、結構あり得るかも……

伊黒小芭内、青い彼岸花説

鬼滅の刃 © 吾峠呼世晴/集英社/ufotabel

続いて伊黒小芭内が青い彼岸花であるという説です。

これは彼岸花の別名が「蛇花」「天空の花」という点から生まれた説のようです。

伊黒小芭内が蛇柱であり、さらに出身地の八丈島にある八丈富士が天空の道と呼ばれていることからこういう風に言われるようになったみたいですね。

しかも彼岸花の開花時期が9月の中旬で伊黒小芭内の誕生日が9月15日というのも何か可能性を感じますね

彼岸花の花言葉が「思うはあなた一人」らしいですよ……

そう考えると露骨に甘露寺さんへの思いをアピールする描写が多いね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です