【とある科学の超電磁砲】 3期決定!前回の作品を観るならどの動画配信サービスがいいのか?

とある

とある科学の超電磁砲を観るならU-NEXTかバンダイチャンネル

【とある科学の超電磁砲】が3期決定したそうだな。
前回までの作品を観て復習したい人はどの動画配信サービスがいいんだ?

結論からいうと 【とある科学の超電磁砲】 の過去作品を観るならU-NEXTかバンダイチャンネルの二択じゃ。

31日間無料で体験【U-NEXT】こちらをクリック

バンダイチャンネルはこちらをクリック

関連記事は下記

とある科学の超電磁砲はOVAを含めると3作品

とある科学の超電磁砲はOVAを含めると3作品 あるんじゃ。

【とある科学の超電磁砲】 は、現在アニメ化されているのはOVAを含めると3作品となっています。

・とある科学の超電磁砲 全24話

・とある科学の超電磁砲 Sのエピソード一覧 全24話

・とある科学の超電磁砲 OVA

とある科学の超電磁砲のあらすじ

舞台は東京都にある、人口の8割が学生の「学園都市」。

学園都市の科学技術は外部の30年先を行くとも言われており、そこでは超能力開発の実験が行われていたー。

鎌池和馬による原作『とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲』のTVアニメ化作品。

主人公である御坂美琴たちが住む学園都市では、学生たちが特別授業を受け能力開発に勤しんでいた。

生徒たちは無能力者であるレベル0から超能力者のレベル5まで6段階に分けられており、能力者はさまざまな能力を使用することができる。

御坂美琴はルームメイトであり、学園都市の治安維持組織、風紀委員に所属する白井黒子や友人の佐天涙子、初春飾利とともに普通の日常生活を送りながら、学園都市で起こる事件を解決していく。

ある日美琴は学園都市内で発生した連続爆破事件の犯人の調査をすることになる。

その犯人を追う過程で、都市伝説に登場する、使うだけでレベルが簡単に上がると言われている「幻想御手(レベルアッパー)」が関わっているのではないかという結論に行き当たるが…。

とある科学の超電磁砲 S

あらすじ

『学園都市』。一八〇万人を超える学生が集い、超能力開発が行われている巨大区域。教師によるボランティア組織『警備員(アンチスキル)』や学生による『風紀委員(ジャッジメント)』によって守られたその日常の裏側には、今日も路地裏でいたいけな少女に絡む不良学生たちの姿があった。そんな不良学生たちを、一筋の電光が一蹴する。

しびれて地に伏す不良たちの中に傲然と立つその人の名は、御坂美琴。学園都市に七人しかいない『超能力者(レベル5)』の第三位にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ少女の姿だった。そして、白井黒子、初春飾利、佐天涙子。四人による学園都市の日常が、ふたたび幕を開ける。

とある科学の超電磁砲 OVA

あらすじ

御坂美琴を付け狙う、謎の不気味な視線とは―

2004年から刊行されている鎌池和馬のライトノベル「とある魔術の禁書目録」シリーズのスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』をテレビアニメ化。2009年にTOKYO MXなどでアニメ第1期となる『とある科学の超電磁砲』が全24話で放送。1期に登場した「幻想御手(レベルアッパー)」事件の後日譚となるOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)で2010年7月に発売された作品。

学園都市を騒がせた「幻想御手(レベルアッパー)」事件が冷めやらぬなか、名門お嬢様学校・常盤台中学の2年生で、電撃の超能力の使い手でもある御坂美琴(佐藤利奈)は誰かの全身を電気が逆流するような不気味な視線を感じていた。気にしすぎだと思いっていたが、気にしないでおこうとすればすれほど気になってしまい、ストレスをため込む日々を送っていた。

そんな美琴を心配した「風紀委員(ジャッジメント)」の白井黒子(新井里美)と初春飾利(豊崎愛生)、そして佐天涙子(伊藤かな恵)は「誰かが見ている」という都市伝説に注目し、真相を調べ始め、都市伝説がれっきとした事件であることを突き止める。黒子たちは美琴に内緒で犯人を追い詰める計画を立てる。その一方で、しびれを切らした美琴は、自ら犯人を捕まえるために黒子たちとは別に動き始めていた…。はたして彼女たちは不気味な視線の正体にたどり着けるのか!?

まとめ

とある科学の超電磁砲の過去3作品を観るならU-NEXTかバンダイチャンネルの二択になる。どちらも登録していない人は、どちらの動画配信サービスも無料期間があるので登録して復習して3期に備えておこう。

関連記事

U-NEXTは値段が高いと思いがちだが、仕組みを理解したらとてもお得な動画配信サービスじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です